ホーム >> ニュース >> ニュース表示

ニュース

2005年10月15日 導入事例

【導入事例】企業サイトの営業所案内の更新にExConverterを活用

ウェブサイト・携帯サイトの企画・制作を行う制作会社 株式会社アル・コネクションプロダクツ(大阪市)では、企業様から運営委託をうけている企業サイトのメンテナンス用に、ExConverter(エックスコンバーター)を導入されました。

運営委託を受けているホームページの中には、商品カタログのページや全国の事業所の案内ページなどの定型的なフォーマットのコンテンツが存在します。これらの更新にあたっては、それぞれの担当スタッフが、更新依頼の内容に基づき、手作業で更新作業を行っておりました。

しかし、これでは更新作業にも時間がかかりすぎる点があるのと、データをコピー&ペーストする際にミスの可能性もあることから、特に定型的なフォーマットのページのコンテンツについては、簡単にしかも確実に更新できるツールを探されていました。

そこで、Microsoft Excelのワークシートから、簡単な操作でHTMLファイルを生成することが出来るExConverter(エックスコンバーター)を導入されました。

現在、運営委託を受けている企業様のサイトの以下のコンテンツについて、試験的な活用を始められています。

・営業所案内ページ

これまで、営業所の新設、営業所の移転・名称の変更に伴う情報の修正については、修正箇所の指示を紙やメール等で指示を受け、手作業でHTMLファイルの作成・更新を行っておりました。

しかし、これでは、修正指示で不明な箇所があれば、再度お問い合せを行った上で、修正を行う必要があったり、コピー&ペーストの作業も入る為、チェックを複数で行う等、非常に時間と労力がかかってしまっていました。

そこで、すべての営業所のデータについては、お客様がExcel上で管理することにし、更新が入る際は、お客様から最新のデータが反映されたExcelのデータを提供いただき、ExConverterでHTMLファイルの生成し、公開するという流れを作り、現在試験運用をされております。これにより、手作業でのHTML作成・更新作業がなくなり、効率よくサイトに反映されることが可能になりました。今後、お客様と意見を合わせながら、本運用を始められるとのことです。

【参考情報】
出力されるHTMLファイルのデザインをテンプレート化し、ExConverter専用のテンプレートタグを埋め込むことで、Excelワークシート上のデータをExConverterを介して最新のHTMLファイルを生成することが出来ます。

■今後の活用について

今後は、情報更新も頻繁な製品の紹介を行うカタログページ等、特にテンプレート化されているページの更新用に、作業の軽減と更新スピードの短縮を目的としてご活用を検討されています。

■株式会社アルコネクションプロダクツ
代表取締役:中西理翔(ナカニシ リカ)
大阪市中央区谷町6-6-7 第5松屋ビル801
[URL]http://www.alnw.co.jp/
[所属団体]MCTP(モバイル・コンテンツ・テクニカル・パートナーシップ)、MC3(関西メディアコンテンツ・クリエイターズクラブ)

VecterプロレジでExCoverterを購入する
> 最新版ダウンロード
ExConverter1.00リリース
> ExConverter試用版
ダウンロードはこちらから

過去のニュース